2008年03月11日

むずかしい漢字「油ちょう」

冷凍ギョーザの毒物混入事件が報じられはじめたころ、テレビで毒物混入のルートを探る特集が放送されました。その中で、卸売り業者が冷凍食品の輸入元について知らせるファクスが紹介されていました。表の中に、「油ちょう」という見慣れないことばがありました。
てづくり野菜かき揚げ40(油ちょう済)
〔略〕
てづくりむきえびかき揚げ60油ちょう
(NHK「クローズアップ現代・追跡・毒混入ルート 〜中国製ギョーザ 深まる謎〜」2008.02.04 19:30)
「油ちょう」のような書き方は、「憂うつ」などと同じで交ぜ書きと言われます。もとは二字熟語で、「ちょう」も漢字で書いたはずです。どういう漢字だったのか知りたくなりました。

とりあえず、ウェブサイトを検索してみます。こういう場合、「ゆちょう」のようにひらがなで検索すると、用語解説のサイトなどで、漢字を示しているのに突き当たるものです。ところが、なかなかそれらしいものが分かりません。

「油ちょう」の意味はすぐ分かりました。「油調理」ということです(「油であげること」のほうがよりよい。下段参照)。冷凍食品会社のサイトに以下のようにあります。
また日本でのエビの復権も大きな課題といえます。ニッスイは日本の消費量の減少について、「台所から油調理(油ちょう)が減少したのが最大の原因」と分析。(ウェブ「ニッスイ フロンティア」2006.03発行)
とすれば、「油ちょう」は「油調」かと思われました。実際、「油調」としてあるサイトもあります(全日本外食流通サービス協会のウェブサイトに「冷凍食品-油調」のページがあります)。しかし、それならば素直に「油調」と書けばいいだけの話です。ひらがなにしてある理由が分かりません。

k080311yutyo.jpgこうなると、専門書をひもとかざるを得ません。『最新冷凍食品事典』(朝倉書店 1987、1989年3刷)を見てみました。残念ながら用語解説のようなページはありませんが、以下の文章に突き当たりました。
また,イカは油〓{火へんに葉の草かんむりのない字}による収縮によって歯ざわりが著しく硬くなることが多い.冷凍食品の場合,必ずその食品の特性を出す理想的な調理が行われる保証がないから,高温で早く油〓{火へんに葉の草かんむりのない字}する場合も多い.述べた切込みを入れることで,このように調理の条件による変化も防止することを可能にし,軟らかさを保つことを可能にする.(p.199)
この「油〓{火へんに葉の草かんむりのない字}」こそ、「油ちょう」の正確な表記でしょう。この「火へんに、葉の草かんむりのない字」は、そうとうむずかしい字です。JIS漢字の第2水準までになく、ふつうには入力しにくいのです。ウェブで探しても見つからなかった理由のひとつと思われます。

字書によっては、この字を「チョウ」読むことが示してありません。『学研漢和大字典』や『新潮日本語漢字辞典』では「やく」「いためる」の意で「ヨウ」、「ゆでる」の意で「ジョウ・ソウ」です。『増補改訂 JIS漢字字典』では「ソウ」のみです。とすると、『最新冷凍食品事典』に出てくるのも「ユソウ」とか「ユジョウ」であって、目指す「ユチョウ」ではないかもしれないという疑問が湧きます。

『角川大字源』を引いてようやく、「ソウ」「ヨウ」の読みのほかに「チョウ」の読みに出会いました。意味も3番目に「あげる。油で揚げる」の意が示してあり、「油ちょう」の用法と矛盾がありません。「油ちょう」は「油〓{火へんに葉の草かんむりのない字}」であると考えられます。

昔からある専門用語は、このようにむずかしいものが多いようです。今では、難解な字を避けてひらがなに開いてしまうため、そのむずかしい字を使った熟語が今に残っていることが、外からは見えにくい状態になっています。「火へんに、葉の草かんむりのない字」は、言わば、ひらがなの皮をかぶりながら、特殊な分野で現代でも生き続けている字と言えるでしょう。

似たような漢字の例として、通信用語の「き線」(幹線の末端)などにつかわれる「き」がそうです。「饋線」と書くのだそうです。
posted by Yeemar at 17:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 文字・表記一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
{火へんに葉の草かんむりのない字}ですが、この字は漢字制限を受けるまではよく使はれてゐたやうです。「大言海」や「明解國語辭典復刻版」や「言苑」を調べればすぐにわかると思ひます(ゆでる、いためる関聯の項目)。
また、漢字制限を受けるまでは「蝶々」「諜報」「符牒」と云つた熟語がよく使はれてゐました(今も使はれますが)。「蝶」「諜」「牒」はいづれも「チョウ(テフ)」と読みますね。そして{火へんに葉の草かんむりのない字}も、「チョウ」と読むといふのなら、それなら果たしてこの字は本当に難しい字なのかといふことなのです。
結局のところ、この字は戦後の国語施策によつて、難しい字に仕立て上げられてしまつただけなのではないかといふことなのです。

閑話休題、「フィードバック」の訳である「饋還」は漢字制限によつて、現在「帰還」と表記されます。「饋」は「おくる」の意味です。わたしは「帰」の字を「饋」の字の代用として使はうとする人々の感覚を疑つてしまふのですが、飯間さんはこれについてどう思はれますか。
私は戦後の人間ですが、戦後の国語施策に反対の立場をとる者です。
Posted by レコ at 2008年04月04日 01:55
ありがとうございます。たしかに、古い辞書では「いためる」「ゆでる」の項の漢字にこの字を掲げています。『新潮日本語漢字辞典』でも、「いためる」と読む例に井伏鱒二「黒い雨」を、「ゆでる」と読む例に森鴎外「雁」を引いてあります。「むずかしい字」というのは、現代では使われることが少ないという意味とお考えください。

「フィードバック」に「饋還・帰還」の語を当てることがあることは知りませんでした。『日本国語大辞典』第2版では「帰還」のみ(「フィードバック」「帰還」の項)、『新潮日本語漢字辞典』では「帰還」「饋還」それぞれに「フィードバック」の意を記してあります。ただ『日国』の「帰遺」の項には(「帰」は「饋」に通じ、贈る意)とあり、18〜19世紀の例を挙げてあるので、このあたりに両字の関連性があるのでしょう。フィードバックの意の「饋還・帰還」を現代語の小辞典に載せるのが適当かどうかはなお考えたいところです。
Posted by Yeemar at 2008年04月10日 06:18
「むずかしい字」の定義、しかと把握いたしました。
まあ、わざわざ{火へんに葉の草かんむりのない字}などと説明しなければ伝はらないやうな字ならば使ふ気も失せてしまひますね。

一方、(「帰」は「饋」に通じ、贈る意)といふのは初めて知りました。
「漢字源」には、「帰」の項目に「饋」に当てた用法として「論語・陽貨」の例が紹介されてゐました。歴史ある用法のやうです。
個人としては「饋還」と「帰還」は分ける必要があると思つてゐますが、根拠があるのではこれを認めないわけにはいきませんね。
勉強になりました。
御返事有難う御座いました。
Posted by レコ at 2008年04月20日 21:58
自社の「オイルサーディン」の商品説明文を確認していて、この「油(火へんに葉のくさかんむり無し)」を見つけて、「え、油調が正しいのでは」と思い、調べてみましたら、こちらのHPに行き着きました。
なるほど、もともとはこの「難しい」漢字の表記だったのですね。
勉強になりました。
でも、商品につける説明文にこんなマイナーな漢字を使うのは、問題ですね、我社ながら。
言葉には、「道具」と「文化」の両面があるから、難しいですね。
Posted by 華氏 at 2008年08月09日 12:13
食品業界に長く携わっていますので、油で揚げる時にこの漢字を使用する事は知っていましたが、語源は分かりませんでした。この記事でよく分かり勉強に成りました、有難うございました。
今迄はこの漢字何?と問われると説明が出来ませんので、使用しなかったのですが。今から積極的に使用したいと思います。
Posted by ロッちゃん at 2008年11月10日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89163799

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。