2007年09月01日

誤用から?「活気的」

「かっきてき」と発音することばは、漢字で書けば「画期的」しかないように思われます。「一時代を画(かく)する」という意味です。何十年に一度というような発明は「画期的な発明」です。

ところが、もうひとつ「活気的」ということばもあるようです。私がこれを初めて耳にしたのは、1999年のことです。広末涼子さんが早稲田大学に入学したころ、ワイドショーをぼんやり見ていると、出てきました。早稲田の商店街の店員が、次のようにインタビューに答えていました。
店員 ええあの、〔広末さんが大学に〕来たら、お客さん、ファンが多いんで、けっこう大学が盛り上がるかもしれないと思います。
レポーター 早稲田の街に、活性化……。
店員 かっきてきになっていいと思いますよ。
(日本テレビ「THEワイド・広末涼子早大入学式」1999.04.01)
私は、言い損ないかと思っていました。いきなりインタビューされたので、どぎまぎして、「活気が出ていいと思います」という意味で、「活気的」と言ってしまったのではないか。

一応メモはしておきましたが、「まあ個人の言い誤りだろう」と考えて、それほど気に留めないまま、何年も経ちました。

ところが、今年になって、ふたたびこの「活気的」を耳にしました。「昭和62年」を振り返るテレビ番組で、女流棋士の藤田綾さんが、この年はどんな年かを聞かれて「活気的な年」とフリップに書きました。司会の松本和也アナウンサーがちょっと狼狽した様子で言いました。
松本 わざとそれは字は変えてます?
藤田 (何のことか分からない様子で)ああわざと……
松本 活気の、的な年。
藤田 そうです。
松本 おお。と言うと?
藤田 やっぱり、バブルもあって、お金の流通もよくなって、お金の使い方とかも活気的になったり、〔略〕ゲームも活気的になってきてますし、やっぱり高速道路とかもJRとかも出来てきて、いろいろと活気的な年だなと思いました。
松本 なるほどね、あの時代を画す画期じゃなくて、活動の気と書いてるところが非常に面白いと思います。活気的な年。なるほどねえ、いろんな言い方があります。
(NHK-BS2「日めくりタイムトラベル 昭和62年」2007.07.07 20:00)
邪推かもしれませんが、松本アナウンサーは、藤田さんの書いたことばを「本人は知らないで誤用している」と直感して、「それはわざと書いたのですね」と助け船を出したのではないでしょうか。ところが、藤田さんのほうは、「活気的」ということばに違和感を感じていないので、おそらくしまいまで、松本アナウンサーの言っている意味が分からなかったのではないかと思います。「画期的」をもじって「活気的」にしたという様子には見えませんでした。

ここで、「Yahoo!」を検索してみます。「画期的」が「約12,600,000件」と表示されて非常に多いのは言うまでもないとして(実数が1千万もあるかどうかは、1,000件以上の確認ができないため不明)、一方の「活気的」も「約34,200件」であって、十分多いのです(2007.09.01)。藤田さんが意識的にもじって「活気的」と書いたかどうかはともかくとして、このことばは広く使われています。もしかすると、上の2人のやりとりは、「活気的」ということばを使わない世代と、使う世代の行き違いだったのではないかと見ることもできます。

「活気的」は、おそらくは「画期的」を誤解して生まれたことばでしょう。または、「画期的」に類推して、別にもじってやろうという意識もなく、「活気」に「的」をつけたものでしょう。印刷物では、校閲の手が入るために、なかなか出て来にくいと思います。しかし、存在は確認できたといっていいでしょう。

同音語が1つ増えて、ややこしくなったことは確かです。
posted by Yeemar at 15:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 語彙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも初めまして。

こういうことをこういう場で書くことには抵抗がありますが
藤田女史は、あんまり賢い人ではないので・・・(^^;;;
「ワタシ的」とか「あなた的」とか、〜的と何にでもつけたがる若者言葉って一頃はやりましたが、そういうのと同類じゃないでしょうか。
ちなみに初めて聞きました(見ました)。


ところでネット上でこういう言葉遣いを見ますが、これは正しいのでしょうか。

「当サイトに掲載している全ての画像の著作権は、作者である○○に帰属します。著作権者に無断でのご利用または転用になられることは出来ませんので、予めご了承下さい」

利用には「ご」があって転用には「ご」がない気持ち悪さ・・・
「ご〜になる」で敬語になっているはずなのに「なられる」というので二重敬語になってそうな気持ち悪さ・・・
転載ではなく転用としたことで、他のサイトに持って行くことだけでなく他の利用をすることを禁じているにもかかわらず「ご利用」とわざわざ分けている気持ち悪さ・・・(利用してよくて転用OKあるいはその逆はあり得ない)。

敬語はからっきしできない若造なので、これが正しいのか正しくないのか分からないですが、分からないが故に何とも気持ち悪いと感じています。
Posted by 通りすがり at 2007年11月13日 21:15
コメント投稿場所違いですが、現在「ナウいヤング」が生きて
いる場所を見つけ出しました。
Posted by 夜川 at 2007年11月18日 08:08
 初めまして(創めましてという変換候補も出ますが、これは挨拶ではないんですね・・・・・過去記事より)
 画期的という意味で字が思い出せず「活気的」的な表記をした記憶もありますが・・・・・
 「〜的」という造語はわたしも頻繁に使います。ただ「〜的」とわざわざ言い変えている時は外連味というか、場の空気を逆手にとった意地の悪い意味を続けることが多い気がしています。
 「わたしが思うに・・・」をわざわざ「わたし的に言えば・・・」と言い換える発想は、「あくまでわたし個人の意見ではあるけれど、良いことを言ってる思うけどなぁ」というちょっと色んなものを着せがましくした表現であると思うのです。
 「〜的〜」という表現は中国だか台湾でも若者を中心に流行っていると聞いたことがあります。「〜の〜」という単純な意味でありながら、品詞の転成を簡単に行えて、言い回しの個性を生みやすいという利点が好まれたということなのでしょう。
 「活気のあるの年」≒「活気の年」≒「活気的な年」。わたし的には違和感的なものを禁じえないのですし、「躍動の年」とかで言い換えられそうですし、でも棋士だけに勝つ=活が好きなのかも知れないし、意味より言い回しや音重視であることもあるだろうし、難しいですよね日本語って的な話ですよ。
Posted by N−FM at 2007年12月04日 14:30
女流棋士といっても、何歳くらいの人なのか存じませんが、こういう話し方しか出来ないのは、どういうことなのか、考え込んでしまいます。

>『やっぱり』−1、パブルもあって、お金の使い方『とかも』『活気的』になったり、、、ゲームも『活気的』になってきて(い)ますし、『やっぱり』−2高速道路『とかも』JR『とかも』出来て『きて』、いろいろ『活気的』な年『だな』−3と思い『ました』−4。

「やっぱり−2」ですが、この人の口癖なのだと思いますが、文脈では、「それに」のほうが相応しくありませんか。また、63年という年を振り返って聞き手と会話しているのですから、普通は「だな−3」は「だった」と「思いましたー4」は「思います」で、逆です。他の方のご指摘どおり、『〜的」は「わたし的」の世界だと思いますが、この数行だけで中高年者には拷問です。なにか、小学生が難しい言葉を意味を間違えながら、ボンヤリした感覚しかないのに背伸びして、お喋りをしている風に感じました。

ひところ、週刊誌のコラムにも「若者ことば」について、脚本家や学者の方々が書いておられましたが、典型的なサンプルですね。本を読まなかったり、社会人として年長者や大人と話をしたり聞いたりする機会がなかったのでしょうか。ただ、これが、テレビを通して同レベルの話者に拡散しないことを願います。

Posted by 京の桜色 at 2009年08月16日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。