2006年03月08日

きれいな若者

今回も江戸川乱歩の作品のことばを取り上げます。『人間椅子 他九編』(春陽文庫 1987年新装版 1996年22刷 p.156)に所収の作品を見てみましょう。

まず、「きれい」ということば。これは、以前、「「かっこいい」の出世」の中で取り上げました。文部省唱歌「兵隊さん」に「兵隊さんは きれいだな」という歌詞がありますが、これは今でいえば「かっこいい」に当たります。昔は「かっこいい」がなかったため、男の容姿を「きれいだ」と形容することがあったと述べました。

乱歩の作品を見てみると、男を「きれいだ」と形容している例がいくつか見つかります。
もし、彼が以前のように冷静であったなら、その若者の、顔はきれいだが、いやに落ちつきのない目の光だとか、異様にそわそわした様子だとか、それからまた、見物の群衆にまじって、若者のほうを意味ありげににらんでいる顔なじみの刑事などに気づいたでもあろうけれど、(「木馬は回る」〔1926年発表〕p.141)

それを見ると、格二郎はまたしても未練がましく、そうなると、やっぱりむじゃきに見える彼女の様子がいとしくて、あのきれいな若者と競争しをして、打ち勝つ自信などは毛頭ないのだけれど、(同 p.142)

 でも、あの人がわたしの夫になるかたかと思いますと、狭い町のことで、それに先方も相当の家柄なものですから、顔ぐらいは見知っていましたけれど、うわさによれば、なんとなく気むずかしいかたのようだがとか、あんなきれいなかたのことだから、ええ、ご承知かもしれませんが、門野というのは、それはそれはすごいような美男子で、(「人でなしの恋」〔1926年発表〕p.178-179)
と、このように、美男子、かっこいい男のことを「きれいな若者」とか「きれいなかた」とか表現しています。女を形容するときと同じだったのが、歴史的変遷によって、今では、女は「きれいだ」、男は「かっこいい」と区別されるようになっています。

このほか、おもしろいと思ったことばを書きつけておきます。
いったいなら
このイスは、同じY市で外人の経営しているあるホテルへ納める品で、いったいなら、その本国から取り寄せるはずのを、わたしの雇われていた商館が運動して、日本にも舶来品に劣らぬイス職人がいるからというので、やっと注文をとったものでした。(「人間椅子」〔1925年発表〕p.8)
「いったいなら」というのは、「もともとなら」ということです。「もともと」の意味で「いったい」を使うのは、たとえば夏目漱石「坊っちゃん」に「一体生徒が全然悪るいです」などと出て来ます。でも、「いったいなら」と「なら」をつける言い方はめずらしいのではないでしょうか。
おんもりと
〔上略〕そっと背中をささえてくれる豊満なもたれ、デリケートな曲線を描いて、オンモリとふくれ上がった両側のひじ掛け、それらのすべてが、不思議な調和を保って、(「人間椅子」〔1925年発表〕p.8)
「おんもりと」は「こんもりと」ということで、奈良県の方言にあるそうです。しかし、全国的に読まれる文章の中に使われている例があるかどうかは知りません。
ぎょくんと
見ると、そこには、相手の奥村一郎所有の小型ピストルが光っていた。「おれが殺したんだ」ギョクンと、のどがつかえたような気がした。(「灰神楽」〔1926年発表〕p.106)
これも耳慣れないオノマトペです。「ぎくんと」と「ごくんと」とが合わさったような感じでしょうか。辞書にはありません。ほかに使用例があるのでしょうか。

最後に、当時の風俗を感じさせる例をひとつ。
何番、何番
 平田氏はかんしゃくを起こしてこうどなりつけると、その声はだんだん小さくなって、ウ、ウ、ウ……と、すうっと遠くのほうへ消えていった。そして、「ナンバン、ナンバン、ナンバン」という電話交換手のかん高い声がそれに代わった。(「幽霊」〔1925年発表〕p.163)
「ナンバン、ナンバン」は「何番、何番」で、電話交換手が「何番につなぎますか」と聞いているのです。それならば、そのようにていねいに言えばいいと思うのに、「何番、何番」とだけぶっきらぼうに言っていたのですね。こういう言い方は、いつごろから始まって、いつごろまで続いたのでしょうか。
posted by Yeemar at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学のことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。とても面白く読ませて頂いております(私は日本語に自信がありませんので、添削されるのではないかと恐怖を感じておりますが‥‥) 私は古典落語が好きで月に一度某落語スナックの寄席で聴いてるのですが「かっこいい」と言う言葉を噺家さんは「様子がいい」と使っています。講談社学術文庫「江戸語の辞典」には載ってないのですが「きれい」は載っていました。江戸の男を褒める言葉は「伊達」「粋」「通」「鯔背」とかもありますが、どれも遊びの上手な人を誉める言葉で、きりっとした侍や旦那を誉める言葉ではありません。「様子がいい」も色々な場合で使われてますので断定しかねますが、侍を「きれい」と誉めるのを聴いた事がある気がします。ですから「様子がいい=かっこいい」であるならば「多少崩れてはいるけれども容姿が快い様」と言う意味なのではないかと考えます。素人考えですから見当違いな事を言っていましたら申し訳もありませんので削除をお願いします。長々失礼致しました。と言うよりも気付いて頂けるかが心配‥‥
Posted by 七星(仮) at 2006年04月02日 18:36
削除するどころか、ご教示に感謝いたします。「いよっ、若旦那、ようすがいいよ」などと、落語では言いそうですね。今ならば「かっこいいよ」と言うところかもしれません。

侍を「きれい」というのは、聞いたことがありませんでした。あってもおかしくない言い方です。今のところ、きれいな侍の出てくる話が思いつかないのですが……。注意して落語を聞いてみたいと思います。
Posted by Yeemar at 2006年04月02日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14456477

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。