2007年08月31日

マーキロかマーキュロか

今ではあまり見かけなくなりましたが、「赤チン」という薬があります。正式には「マーキュロクロム」と言います。略して「マーキュロ」とか「マーキロ」とか言うこともあります。

「Yahoo!」で検索してみると、重複を除いて、「マーキロ」は35件、「マーキュロ」は662件(マーキュロクローム・マーキュロクロムを除く)です(2007.08.31)。「マーキロ」はほとんど使われません。

さて、その少ない「マーキロ」の用例ですが、日本ペンクラブの「電子文藝館」で読める井上ひさし「あくる朝の蝉」の中に出てきます。
「そんなことを言うんなら母さんが店をやるんだな。薬九層倍なんていうけど、この商売、どれだけ儲けが薄いか母さんだって知ってるはずだよ。とくにこんな田舎じゃ売れるのはマーキロか正露丸だ。母さんと二人で喰って行くのがかっつかつだぜ」
このページには、「昭和四十八年(1973)九月「別冊文藝春秋」初出」と書かれていますから、これを底本に本文を入力したのかもしれません。

ところが、手元の『四十一番の少年』(文春文庫、1974.11.25 第1刷、1986.04.15 第21刷)に収録されたこの作品を見ると、当該の部分は
とくにこんな田舎じゃ売れるのはマーキュロか正露丸だ。(p.180)
と「マーキュロ」になっています。この作品はまた、『短編小説傑作選 戦後50年の作家たち』(『文藝春秋』1995.07 臨時増刊)にも入っていますが、ここでも同様に「マーキュロ」になっています。

小字の「ュ」があろうがなかろうが大差ないようですが、じつは大きな差があります。「mercurochrome」が「マーキュロ」となり、さらになまって「マーキロ」となるのは、そのことばが、それだけ庶民に定着していることを示します。ちょうど、「ラディッシュ」(赤かぶ)のことを「ラレシ」と言っているようなもので、日本語として言いやすい形になるように手を加えているのです。

マーキュロクロムは、けがの薬として非常に一般的だったため、昔は「マーキロ」と言う人がかなり多かったはずです。井上ひさし氏のこの小説は、戦後間もない東北の町が舞台だったので、当時の雰囲気そのままに「マーキロ」と記した可能性があります。

それが私の文庫本で「マーキュロ」となっているのは、本になる過程で校閲者が意見をつけたか、筆者が「マーキロでは分からない」と思ったかで、本文を訂正したのではないでしょうか。それとも、「電子文藝館」の入力ミスでしょうか。私は初出の文章を見ていないので何とも言えませんが、もともと「マーキロ」であったのならば、そのままにしておいてもよかったと思います。いつか初出本文を確かめみるつもりです。
posted by Yeemar at 10:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 語彙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

「とっぽい」とはどういう意味か

何か月ぶりかの、ひさびさの執筆です。

「とっぽい」という俗語は、意味がはっきり分からない人が多いようで、「Yahoo!知恵袋」とか「教えて!goo」とかいったサイトでも話題になっています。これらのサイトでは、ネット辞書を引用しつつ、一応の答えが示されています。

ネット辞書では、「とっぽい」について、「生意気である。粋(いき)がっている。」「抜け目がない。ずるい。」(大辞泉)、「きざで不良じみているさまを俗にいう語。」(大辞林)のように記されています。書籍の辞書を見ると、このほか、「おっちょこちょい。間が抜けている」(『日本俗語大辞典』東京堂)、「抜けている」(『三省堂国語辞典』第5版)などの意味を加えるものもあります。

見渡してみると、「なんだか、いろいろな意味があるらしい」と、混沌とした結論になってしまいます。もう少し整理できないでしょうか。

「とっぽい」の用例は、俗語ということもあって、新聞・雑誌などにはなかなか出てきません。私の手元の切り抜き帳には1例もありません。私の能力では、今後よほど注意して拾ったとしても、1年に10例とれるかどうかでしょう。

そこで、インターネットのウェブサイトを資料として積極的に活用します。まず、「Google」によって、「とっぽい」とひらがなで書いてあるサイトを検索します。検索結果を上位から見ていって、「文脈の分からないもの」「本人もあやふやに使っているらしいもの」を排除し、その上で、40例を抽出しました。

集まった「とっぽい」の用例を、前後の文脈によって、どのような意味で使われているか判定します。ちょうど、古典に出てくる意味の分からない語句を文脈などから判断していく作業と同じです。

たとえば、次のような文があります。
「理知的でとっぽい」があなたのPI〔=パーソナル・アイデンティティ〕だとすると、BBSのレス(返事、書き込み)では、前半を端的な論理で締めるけど、後半で「ひとり突っ込み」のギャグをかます、というやり方を常にするように心がけます。
(シストラットコーポレーション・人生得する「パーソナル・アイデンティティ」= 1998.12.01)
「理知的でとっぽい」性格をアピールするための方法を説いている文章です。「理知的」に見せるためには「端的な論理で締める」ようにし、「とっぽい」ことを示すためには「ひとり突っ込みのギャグをかます」というのです。

そうすると、ここでの「とっぽい」は、「生意気」とか「ずるい」とかではありえず、また、「おっちょこちょい」「抜けている」でもなさそうです。むしろ「とぼけている」「ユーモラス」に近い意味と考えられます。

同様の例はほかにもあります。
カールおじさんなら、知っている。/明治製菓の菓子「カール」のイメージキャラクターである。/首にタオルを巻き、麦藁帽子をかぶった髭づらのおじさんである。/とっぽい、暖かな雰囲気を持つ好漢であり、販促のための強力なリーダーとなっている。
(「寸胴鍋の秘密」=2006.07.30 11:44)
この文章では、カールおじさんを「暖かな雰囲気を持つ好漢」とほめつつ「とっぽい」と言っています。この「とっぽい」も、「とぼけている」「ユーモラス」というプラスの意味で使われています。

もっとも、「とっぽい」をいわゆる「天然ぼけ」や、本当に「まぬけ」な人に使っている例もあり、「とぼけている」「ユーモラス」との境界は曖昧です。これらは、「とぼけた・(ぬけている)ようすだ」と一括して差し支えないでしょう。

一方で、「とっぽい」は、「不良っぽい」という意味でも使われています。むしろ、こちらのほうが先に広まったとみられます。「とぼけた」とはまったく違う意味で使われており、人々が混乱する原因のひとつになっています。
ちょっとかなりリーゼントなとっぽい、イカしたロケンローラー気味ですが、至って真面目な最先端婦女子ですわよっ(`▽´)
(「ペテカン日記」=2007.08.05)
「リーゼント」「ロケンローラー」というファッションでも「至って真面目」ということは、見た目としては不真面目な感じを与えるファッションということになります。しかも「イカした」とあるからには、その不真面目な感じをプラスに評価しています。

別の例では、矢沢永吉さんの昔のファッションを「とっぽい」と言っています。
とっぽいキャロルです。しかしかなぁーり時代を先取りしていたビック矢沢だなぁと思います。
AOR アダルト・オリエンテッド・ラジオ=2005.03.28 01:01:32)
矢沢ファッションは、カールおじさんとは対極にあるもので、「とぼけた」ではありません。これも好意的な意味で「不良っぽい」と言っていると解釈されます。

「とっぽい」を「不良っぽい」の意味で使う例は多く、しかも、上の例のように否定的ではなく肯定的な語感をこめているものがほとんどです。そのあたりを辞書の記述に示すならば、「不良っぽ・い(くて かっこいい)」とするのがいいでしょう。

40例の意味を解釈した結果、意味別の用例数としては、以下のようになりました。

(1)不良っぽ・い(くて かっこいい)……24例
(2)とぼけた・(まぬけな)ようすだ……9例
(3)その他・疑問例……7例

このうち(3)には、「Yahoo!知恵袋」の
私は関東ですが、〔「とっぽい」を〕抜け目のないという意味で使っています。
などの例が含まれます。中には、一般性があるかどうか疑問のものもあり、あいまいさが残ります。

したがって、今回の調査によれば、現在のところ「とっぽい」は、「不良っぽ・い(くて かっこいい)」または「とぼけた・(まぬけな)ようすだ」の意味で使われることが多いと結論していいでしょう。このほか、個人によって、または地域によって、「抜け目がない」などいくつかの意味でも使われる、ということになるでしょう。
posted by Yeemar at 04:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 語彙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。